タイプ別不動産屋の探し方!

自分の希望を叶えてくれそうなのはどのタイプ?

マイホームを購入したり賃貸を希望するときに、多くの人がいくのが不動産屋さん。
その不動産屋さんにも、実は様々なタイプがあり、それが不動産屋の探し方につながってきます。

例えば、「販売代理」をする不動産屋さんがあります。
販売代理をしている不動産屋さんというのは、大手デベロッパーから販売を委託されている場合も多いもの。
大手デベロッパーの物件を見てみたいのならば、不動産屋の探し方としては、販売代理を選ぶというのもいいでしょう。
販売代理の場合、不動産屋さんは販売業務に特化しています。

つまり、契約までの道筋をつけてくれるというもので、決して買主の希望に合致した物件を見つけてきてくれるという場合ではありません。
取り扱っている物件も、新築もあれば中古もあります。
販売代理の不動産屋さんの場合には、売主と買主の間に、完全に入ります。
売主は不動産屋さんと売買契約をします。
一方、買主も、不動産屋さんと売買契約を結びます。
販売代金の授受なども、一度販売代理の不動産屋さんを経由して行われます。

他には「仲介」をする不動産屋さんもあります。
一般的な不動産屋の探し方としては、こちらの仲介タイプのほうが多いでしょう。
仲介タイプの不動産屋さんは、ありとあらゆる物件を取り揃えております。
物件のバリエーションという観点からの不動産屋の探し方としては、仲介タイプですね。

とはいえ、デベロッパーから販売を委託されるということもあまりありませんし、新築物件を取り扱うということもあまりありません。
仲介の不動産屋さんの場合には、売主と買主の間に完全に入るということはありません。
売買契約は、あくまでも売主と買主の間で行われます。
不動産屋さんは、その立会いをするといった程度です。
代金も、売主と買主の間で行われます。
なお、仲介の不動産屋さんには、売主と買主の両方から仲介手数料が入ります。

そして何回か登場してきているデベロッパーというのは、開発業者のことです。
広義の意味では、ゼネコンや鉄道会社も含まれます。
主に大規模な宅地開発や高層マンションなどにかかわってきます。
このデベロッパー、何も造るだけではありません。
買主に直接販売することもあるのです。
そういった意味では、広義の意味で、デベロッパーも不動産屋の探し方においては、考慮に入れておく必要があります。

不動産にかかわってくるほかの業者としては、ハウスメーカーや工務店があります。
それらは、主に一戸建てを建設したり、中古住宅のリフォームを行ったりする業者です。
ハウスメーカーや工務店の選び方というのも、不動産屋の探し方同様に重要です。
新築の場合には、ハウスメーカーや工務店とも話し合いをしなければならないのですから。
中古の場合でも、ハウスメーカーや工務店ごとの特徴やこだわりなどを、しっかり把握しておかなければなりません。

マンションの場合には、このほかに管理会社というのがかかわってきます。

では、不動産屋の探し方としては、他にどのようなものがあるのでしょうか。
まずは、不動産屋が掲載している物件情報から選ぶ、という方法があります。
一戸建てが多い不動産屋さんでしたら、ファミリーにとってうってつけです。
その不動産屋さんが取り扱っている物件の価格帯もチェック。
特にマンションの場合には、該当エリアもチェックしたいところです。

そして、不動産屋さんそのものだけでなく、そこで働いている担当者もチェック。
まずは、プロフェッショナルの知識があるということと、経験が豊富であるということが重要です。
もちろん、担当者と自分との相性という、フィーリングの問題もありますし、ビジネスとしての基本がしっかりできているというのは、最低条件ですね。